FC2ブログ

桐たんす職人

東京墨田区の桐たんす職人です。

表参道ヒルズにて「とき時あーと展」開催

3月21日より26日(火)まで
表参道ヒルズ・ギャラリーコーワにて開催されています。
DSC_004854.jpg
このイベントは、墨田区内で、もの作りをしている職人仲間で開催しております。
普段制作している物とは違う遊び心のある、少しアートな作品を中心に
展示してあります。


DSC_0039321.jpg
私は、桐製の小物中心で、小さい桐たんす、千鳥型のコースター、スマホ・タブレットスタンド、まな板などです。


DSC_0041-1920x1080.jpg
12人が参加しております。

DSC_0040-1920x1080.jpg
それぞれのこだわりの作品が展示してあります。

ご興味の方は是非いらして下さい。

時間は12:00~19:00 26日(火)は17:00まで

私は25日(月)が当番ですので一日います。

ギャラリーコーワhttps://www.omotesandohills.com/shops_restaurants/shops/002660.html 

リビングボードに作り変え

修理前↓
kiritansu365 (1)-s
比較的間口が広い桐たんすです。

扉の部分と引き出しの部分が上下に分かれます

この桐たんすをリビングボードに作り変えました。

kiritansu365 (6)-s
下段の引き出しの部分です↑

kiritansu365 (3)-s
引き出しは前開きに作り変えました。

中央に縦柄を入れてあるので強度があり
食器を入れてもびくともしません。

kiritansu365 (4)-s
こんな感じで開きます↑

kiritansu365 (5)-s
脚は金属製です↑

kiritansu365 (2)-s
上段の扉の部分はこんな感じです↑

オイル仕上げですので、水がかかっても大丈夫です。

お客様の手紙です↓
tegami.jpg
イメージしていたより素晴らしい作品に大変満足すると同時に
マイスターとしても技量に納得させられました。
両親の思い出のタンスも、デザインを変えながらも自分達から子供へと
引き継いで使っていければと思いました。
ありがとうございました。

すみだ北斎美術館にて桐たんす製作実演

本日より
すみだ北斎美術館にて
大江戸すみだ職人展が開催しております。
2018092208132978c.jpg
20180922081224fab.jpg
私も期間中 桐たんす製作実演を行っております。
201809220811241fc.jpg
お時間のある方は是非脚をお運び下さい



20180922082325b7d.jpg
20180922082323319.jpg

夜具たんすを桐アンティークチェストに

s-66 (4)
↑この桐たんすは「夜具たんす」と言って、布団を収納するものです。今ではあまり見かけませんが昭和初期には多くありました。
s-66 (3)
↑奥行きが90センチ有りサイコロを二つ重ねた様なたんすです。

お客様が引っ越した先に置き場所が無いということで、小さくしたいとのご依頼です。

s-66 (8)
一度バラバラにして、部材を切り出し一から作り直します。
s-66 (10)
白っぽく見えるところは新しい材料です。
s-66 (5)
↑着色しオイルで仕上げて金具を取り付けました。
s-66 (7)
↑お納めした所です。

実は既存の家具に合わせて欲しいとのご依頼だったので、左の階段たんすに大きさ、金具の雰囲気、色を合わせました。

完璧に近い仕上がりだったと思います。

難しい仕事ですが、やりがいが有りとても楽しい仕事でした。

この様に大きな桐たんすを小さく作り替える仕事は、かなり多くのご依頼を頂いております。

他にも事例が多数有りますので、又の機会にブログに紹介します。


こちらにも小さくした事例があります。

東京都優秀技能者知事賞を頂きました。

この度、「東京都優秀技能者知事賞」を頂き、「東京マイスター」に認定されました。

maisu (3)

先日、表彰式が行われました。
maisu (1)
東京都優秀技能者(東京マイスター)とは、都内に勤務する技能者のうち、極めて優れた技能を持ち、他の技能者の模範と認められる方々を東京都優秀技能者として知事が認定するものです。(東京都ホームページ参照)
maisu (5)

小池都知事もいらっしゃいました。
maisu (2)

このような賞を頂き大変光栄です。
桐たんすを作り続けて30年、
今までご縁になった数多くの方々に感謝の意を表し、
これからも精進を重ねて桐たんすの道を極めていきたいと思います。

maisu (4)