桐たんす職人

東京墨田区の桐たんす職人です。

東京都優秀技能者知事賞を頂きました。

この度、「東京都優秀技能者知事賞」を頂き、「東京マイスター」に認定されました。

maisu (3)

先日、表彰式が行われました。
maisu (1)
東京都優秀技能者(東京マイスター)とは、都内に勤務する技能者のうち、極めて優れた技能を持ち、他の技能者の模範と認められる方々を東京都優秀技能者として知事が認定するものです。(東京都ホームページ参照)
maisu (5)

小池都知事もいらっしゃいました。
maisu (2)

このような賞を頂き大変光栄です。
桐たんすを作り続けて30年、
今までご縁になった数多くの方々に感謝の意を表し、
これからも精進を重ねて桐たんすの道を極めていきたいと思います。

maisu (4)





大きな洋服タンスを桐チェストに

間口106センチX奥行60センチX高さ173センチの大きな洋服をかける桐たんすです。
kiritansu01253 (1)
この桐たんすは「胴丸箪笥」と言ってとても高価な桐たんすです。
kiritansu01253 (2)

引っ越しを機に小さくして欲しいという依頼です。

kiritansu01253 (4)
↑電動ノコギリでバラバラにしていきます。

kiritansu01253 (3)
↑材料が足りない所は新しい材料を足して制作していきます。

kiritansu01253 (6)
↑表面材は扉を使っています。
一番下と下から二番目の引き出しには金具の跡が付いています。

kiritansu01253 (7)
↑表面を削ると綺麗な木肌が出てきました。
胴丸箪笥の形状も再現しています。

kiritansu01253 (8)
↑オイル仕上げライトブラウンで仕上げました。
掘り込みの取っ手を付けました。

kiritansu01253 (9)
↑お納めした所です。

間口106センチ→95センチ
奥行60センチ→45センチ
高さ173センチ→125センチ





モダンな家具に

昔ながらの桐たんすです。
mod44.jpg
この桐たんすは三つに分かれます。これの一番下の部分を直します
AB021653.jpg
2棹分です

mod2.jpg
修理完了です
モダンな雰囲気になりました。

mod1.jpg
お納めした所です。

江戸東京博物館にて桐たんす製作実演


江戸東京博物館 常設展示室5F ミュージアムラボ内体験住宅にて伝統工芸保存会で一緒のかんざし職人の三浦さんと行っております
日時12月17日(土)~12月18日(日) 10時30分~16時30分時





かんざし職人の三浦さんです↑



これは私です↑



両国第一ホテル展示

両国第一ホテルの1階ロビーに、墨田区伝統工芸保存会の展示ブースができました、1カ月交代で会員がそれぞれ展示を行います

11月は 私が担当で 桐箪笥の展示となります ショーケースの中の展示なので 大きなものは置けませんが とても綺麗に 展示することができました お近くまで 来ることがありましたら 是非見に来てください