桐たんす職人

東京墨田区の桐たんす職人です。

大きな洋服タンスを桐チェストに

間口106センチX奥行60センチX高さ173センチの大きな洋服をかける桐たんすです。
kiritansu01253 (1)
この桐たんすは「胴丸箪笥」と言ってとても高価な桐たんすです。
kiritansu01253 (2)

引っ越しを機に小さくして欲しいという依頼です。

kiritansu01253 (4)
↑電動ノコギリでバラバラにしていきます。

kiritansu01253 (3)
↑材料が足りない所は新しい材料を足して制作していきます。

kiritansu01253 (6)
↑表面材は扉を使っています。
一番下と下から二番目の引き出しには金具の跡が付いています。

kiritansu01253 (7)
↑表面を削ると綺麗な木肌が出てきました。
胴丸箪笥の形状も再現しています。

kiritansu01253 (8)
↑オイル仕上げライトブラウンで仕上げました。
掘り込みの取っ手を付けました。

kiritansu01253 (9)
↑お納めした所です。

間口106センチ→95センチ
奥行60センチ→45センチ
高さ173センチ→125センチ





衣裳盆に変更2

AB198777.jpg
前回のブログで「みだれ盆」を「衣裳盆」に変更する

過程を紹介しましたが、作業が完了したので

出来上がりの紹介です。

AC109028_edited-1.jpg
お盆が6枚になり着物もたくさん入るようになりました。

このように作り替えることが出来るのも

無垢板を使用し伝統的工法で制作されている

桐たんすならではです。

次の仕事は象嵌(貝などを使用した装飾)と

一部漆蒔絵も施されたたんすです。

AB288922_edited-1.jpg
AB288918.jpg
AB288917.jpg
AB288920.jpg

難しい仕事ですが、今まで象嵌および漆蒔絵の桐たんすは

かなりの経験が有ります。

完成したら又ご報告をします。














衣裳盆に変更

AB198777.jpg

こちらの桐たんすは「衣裳盆」(着物を入れるお盆)が4枚

その下に「みだれ盆」が2枚あります。

みだれ盆は比較的高級な桐たんすに付いている場合が

多いですが帯は入らないですし、お客さまにしてみれば

入れるものが無いという場合が結構あります。

このみだれ盆を今回は衣裳盆に作り替えます。

AB268862.jpg

分解して右側の3つ有る小さい引き出しを取り外します。

すり桟を取りつけ大きい衣裳盆が入るようにします。

AB268864.jpg

このように「みだれ盆」から「衣裳盆」に作り替えることも出来ます。




12月2日(水)から8日(火)まで

東京スカイツリータウンソラマチ5F「すみだまち処」にて

桐たんす制作実権を行います。

お時間のある方は是非遊びに来てください

matudikoro-11.jpg
 前回の実演風景です

古い桐たんすを小さく作り変え

・事例その1
IMG_2175_20150528090434968.jpg
BEFORE↑

AFTER↓
IMG_28693_edited-1.jpgIMG_4648.jpg
横幅30センチの三段の引出にしました。
お母様のたんすを息子さんが想い出として作り直して欲しいというご依頼でした。

事例その2
AB305741.jpg

BEFORE↑

AFTER↓
A4106834.jpg
横幅30センチ↑
A4106854.jpg
横幅60センチ↑
一つのたんすから2つ制作しました。

事例その3
AC230747_edited-1_201505280924242e3.jpg
BEFORE↑

AFTER↓
A5243625_edited-1.jpg
横幅30センチ
2台制作しました
こちらはオイル仕上げでモダンな感じに仕上がりました。

事例その4
A7244425.jpg
BEFORE↑

AFTER↓
A9135284_edited-1.jpg
高さ60センチ
引出が4段あり書類を入れるのに丁度いい大きさです
実用性も兼ね備えた作り変えです。



桐たんすのカビ

夏真っ盛り、暑い日が続いておりますが、

今年は雨も多く地域によっても甚大な被害が出ました。

被害に遭われた方におかれましては心よりお見舞い申し上げます。

梅雨も終わりお客様からカビに付いての問い合わせが

多くなるのもこの時期です。

「表面にカビらしきものがある」から「内部にまでカビが生え、

カビ臭くなってしまった」というものまで多岐にわたります。

IMG_2840.jpg
内部のお盆の部分のカビです↑
この程度のカビなら問題なく直ります。


引出し、お盆の中生えてしまったカビ↓
DSC09985.jpg
DSC00955.jpg
この位カビが生えてしまうと、少々処理が必要ですが
完全に直ります。

ではどんなケースでも完全に直るかと言いますと

「直らない場合もあります」

ではどんな場合かと言いますと

「臭いが取れない場合がある」と言うことです

カビの臭いは本当に厄介で、

何をどうしても取れない場合があります。

ですが取れる場合ももちろんあります

というよりもほとんどのケースでは臭いも取れるのですが

感覚的には95パーセントは臭いが取れるが残り5パーセントは

残ってしまう。ただその5パーセントが問題で

人によっては、気にならないが人によっては気になる

と言うことになります。

カビは菌です。その菌を完全に死滅させれば臭いは消えます

弊社では臭いが有る場合は、とある薬品を使用しております。

A7204419_edited-2.jpg
あまり知られたくないのでこんな形で紹介します。

前はエタノールを使用しておりましたが、

より殺菌力は強いみたいです。

インフルエンザウイルスにエタノールは効果がないがこれなら効くと

言われる消毒液です。ちなみにカビ臭くなった衣類にも

効果があるようです。

傷口の消毒にも使えるものなので害はないと思います。

カビの臭いに付いてはやってみなければわからないと言うところは

ありますが、完全な除菌が出来ますので効果は有ると思います。

A7254455.jpg
先日NHKより取材を受けました。
海外向けに日本の伝統工芸や伝統文化を紹介する番組で
日本でも放映されるそうです。
後日ホームページ上で紹介致します。