桐たんす職人

東京墨田区の桐たんす職人です。

3段引出しを2段へ

今回は一般的な桐整理たんす(引出しのたんす)の中段を

3段引出しから2段引出しへ変更し

小ぶりなたんす2棹に変更します。 

さて、どうなるでしょう!
A1151247_edited-1.jpg
↑修理前

↓まず金具を外します
A1201302.jpg

↓背中の裏板を全て外します
A1201317.jpg

↓すると反対側が透け透けになります
A1201320.jpg

このたんすは3つに分かれます
中段部分を3段から2段へ作り直します↓
A1201334.jpg

↓のこぎりで切断します
A1201332.jpg

↓引出し1段分切断しました
A1201335.jpg

のこぎり、ノミを使って
ホゾを作り直して組み立てます↓
A1201342.jpg
A1201345.jpg

↓組み終わりました
A1231351.jpg


↓表面をガスバーナーで焼いています
A1231373.jpg

↓表面にトノコを塗っています
A1241390.jpg

↓金具の取り付けです
A1251392.jpg


↓完成です
A2021586_edited-1.jpg

↓上段と中段を組み合わせてあります
A2021590_edited-1.jpg
↑本来なら高さが110センチになるのですが
引出しを1段減らすことで高さが90センチになっています。
この上にお仏壇を置くそうです。

一番下の部分は金具を民芸調に変更し
アンティークなチェストに作り直しました↓
A2021591_edited-1.jpg


高さの変更、横幅の変更など様々な修理方法が出来ます。